春日部本社
048-720-8269

北本支店
048-594-6145

営業時間9:00~18:00 水曜日定休日

LINEから申し込む

シンボルツリー ハナミズキ

学名
Comus florida(Benthamidia florida)
和名
アメリカヤマボウシ
科名
ミズキ科
属名
サンシュユ属(ヤマボウシ属)

ハナミズキとは?

ハナミズキの特徴

ハナミズキは、明治45年(1912年)、当時の東京市長・尾崎行雄がアメリカ・ワシントン市の親日家たちに桜の苗木を送った返礼として、大正4年(1915年)に日本に送られてきました。
鑑賞の対象となっている花に見える部分は、本来の花弁ではなく総苞片(花の付け根の葉・萼片)の事となります。その為、観賞期間も長く、秋の紅葉や赤熟した果実なども楽しめ、自然に樹形が整う木であることから街路樹・公園木の他に、個人家庭のシンボルツリーや景観木としても幅広く愛用されています。

ハナミズキの基本データ

分類
庭木・花木
原産地
北米東部からメキシコ北東部
開花期
4月中旬~5月中旬頃
耐寒性
やや弱い
育てやすさ
比較的育てやすい
形態
高木
樹高/草丈
4~10m
花色
4~10m
樹高/草丈
白・赤・ピンクなど
耐暑性
やや弱い
特性・注意点
落葉性で開花時期が長い

ハナミズキの種類

ベニハナミズキ

ベニハナミズキ
Benthamidia florida’Rubra’
ハナミズキの花色は基本、白花なのに対し総苞片が淡紅色の系統を指す。

チェロキー・チーフ

チェロキー・チーフ
Benthamidia florida’Cherokee Chief’
ベニハナミズキから選抜されたもので総苞片が淡紅色の花となる。

スイート・ウォーター

スイート・ウォーター
Benthamidia florida’Sweet Water’
ベニハナミズキから選抜されたもので総苞片が暗赤色の花となる。

ハナミズキの育て方(年間管理方法)

開花時期:
4月中旬~5月中旬頃
植え付け・植え替え:
12月~3月まで
施肥:
花が終わる頃、5月中旬~6月中旬までに肥料を施します。
剪定:
12月~3月、開花前に行う剪定
開花後の5月中旬~7月末までのどちらかのタイミングで剪定します。

※関東地方以西基準

ハナミズキの育て方のポイント

栽培環境・日当たり・植え付け場所

日光が良く当たるやや乾燥した場所で、幹に西日の当たらないところが適しています。土壌は、通気性、水はけのよい肥沃な土を好みますので植え付け前に腐葉土などをすき込むと良いです。

ハナミズキの水やり

庭植えの場合には、ほどんど水やりの心配はありません。

ハナミズキの肥料

花後に化成肥料をお礼肥として施します。
幹の根元から少し離れた場所で幹を囲むイメージで円を描くように肥料を置くと良いです。

ハナミズキがかかりやすい病気

紋羽病

紋羽病

固まった土壌や水はけが悪い土壌で加湿気味になると根っこに紋羽病が発生します。

※水はけや通気不良に気を付けて下さい。

うどん粉病

うどん粉病

新葉が開いた後、梅雨時にうどん粉病が発生しやすいです。

※病気の予防と治療には専用の薬を使うと良いです。

ハナミズキにつきやすい害虫

コウモリガ
コウモリガ
アメリカシロヒトリ
アメリカシロヒトリ

発見次第、捕殺します!発生前に予防として定期的に防虫剤を散布すると良いです。

※防虫剤はホームセンター等で売られているもので大丈夫です。

ハナミズキの植え付けと植え替え

お庭への植樹は12月~3月が適しております。植え込みの際には事前に植え付ける場所に腐葉土などの有機物をよく混ぜて土づくりをしてから植え付けると良いです。

主な作業

樹形が早期に安定します。その為、特に剪定・整枝は必要としないので手間があまりかからない植物です。ただし、どうしても不要な枝を切りたい場合は、12月~3月に分岐点から間引くように剪定を行います。また枝が込みすぎる場合は、花後の7月頃まででしたら軽い剪定も行えます。

色々な植物がありますのでシンボルツリーを選ぶ際に悩みますよね。お手入れの頻度から植え付け場所の条件等で選ぶ植栽も変わってくるかと思います。造園のプロがおりますのでお客様のご希望に添えるよう色々なご提案をさせて頂きます。気になる事などはお気軽に当社にご相談ください。