外構の見積りにベストなタイミングとは

外構の見積り依頼…どのタイミングで依頼し打合せをスタートさせるのが良いかご存じですか?実はタイミングを間違えるとスムースに進まなかったり、損してしまう事もよくあります。ここではどのタイミングで見積り依頼するのがベストか外構会社の視点でご紹介いたします。

  1. 引越し前に外構工事を完了させておきたいお客様
  2. 引越し後の施工をご希望のお客様
  3. 分割工事をご希望のお客様

⑴引越し前に外構工事を完了させておきたいお客様


【建物基礎が出来上がる頃】から【足場が外れる頃】まで がイチオシ!

建物の完成・お引き渡し後、すぐに外構工事を始めることができます。建物の高さ(GL)が確定していると、プランの作成もスムース。建物の基礎工事が始まると 駐車場や玄関の位置や動線などイメージしやすくなってくるのでオススメです。

足場が外れる頃というのは、本体工事完了まであと1ヶ月ちょっとという時期です。玄関ポーチ、浄化槽やガス・水道管、メーター等の位置や寸法が確実になりプラン作成もしやすいです。外壁の色やサッシの色なども決定していればより建物と調和した外構のご提案が可能です。現地でイメージを膨らませていただき“こんな外構にしたい”という理想をお聞かせください。

⑵引越し後の施工をご希望のお客様

【基礎が出来上がる頃~お引き渡し後】いつでも大丈夫です!

問題点があるとすれば 駐車場に車が置けないことでしょうか。季節にもよりますが、土間コンクリートを打設してから1週間~10日程度、駐車をお控え頂いております。なお、施工中は騒音や粉塵が発生するのでその点はご承知おき頂ければと思います。ポストやインターホンは仮で設置しますのでご安心ください。

⑶引越し前に駐車場のみ、後にフェンスを施工などの分割工事をご希望のお客様


【基礎が出来上がる頃】から【足場が外れる頃】に打合せを開始!

予算の都合で一度に全部は…という方はもちろん、建物のことを沢山考えて疲れちゃった!生活に最低限必要な部分を先に施工して、細かいところは後でゆっくり考えたい!車が置けないのは困る。先に土間コンクリートだけは打っておきたい!外周フェンスは少し落ち着いてからにしたい!こんな風に、工事を二期に分けて行うことも可能です。実際に住んでから初めて分かることもあります。余白を残しておくことで、こうすればよかった…という後悔が少なくて済むかもしれません。

いかがでしたか?今回は引越し前、引越し後、分割工事の場合の見積ご相談開始時期についてお伝えしました。予算に余裕があれば、打合せなどの手間が少なくて済みますし住宅ローンに組み込めるというメリットもあるのですが、外構業者に直接依頼することで削減できる金額は決して小さなものではありません。建物の着工から引き渡しまでの数ヶ月の間に本体工事と一緒にハウスメーカーや工務店に依頼するか本体工事とは別に外構業者に直接依頼するか検討して頂ければと思います。

ハウスメーカーや工務店から提案されたプラン、思っていたより高いなぁ…あんまり好きじゃないな…
そんなときは是非!ガーデンアシストにご相談ください。ハウスメーカーや工務店は住宅を建てるプロです。そのため外構に関しては、外部の業者に依頼する事が多く中間マージンが入る分、どうしても高くなってしまいその額に驚かれるお客様がとても多いのが実情です。私達ガーデンアシストは外構のプロです。低価格を売りにしている会社ではありませんが、お客様の理想の外構を、ご納得頂ける品質と価格でご提供させて頂いております。なお、一般的な外構工事の流れは以下の通りです。

【打合せの流れ】

  1. 打合せ…ご希望やご予算をお伺いします。
  2. プラン・見積り作成…現地調査にお伺いします。(お客様の立合いがなくても可能です)
  3. 変更や修正…ご提案させて頂いたプランの良いところ・気に入らないところ等をどうぞ遠慮なく教えてください。お客様の理想の外構に近づけていきます。
  4. ご契約
初回打合せからご契約まで
平均1か月程度
外構工事着工から完了まで
平均2週間~1ヶ月程度 を要します。工事期間は天候や施工規模によって異なります。

御見積もりは無料です!どうぞお気軽にお問い合わせください。