枕木について

皆さんこんにちは!堀江です!

今回は「枕木」について解説していきたいと思います!
何となく「木製の枕かな〜?」とか考えてしまいますが
もちろん違います(笑)
枕木とは下の写真のようなものです
dc86b1ebd010c8078d89786e87f093e2
毎日とは言いませんが
たまに目にすることがあるのではないのでしょうか?

この枕木はDIYで利用されることも多く
初心者の方でも簡単に施工することが可能です!

利用ヵ所はアプローチや犬走りなど足場として多く見られる印象ですが
縦に使って塀の替りや、お庭にアクセントを持たせる使い道も多く見られるようになりました
↓イメージ画像
qawerty
もともと枕木は線路で使用されているものです
現在は耐久面を考慮しコンクリート製のものがほとんどですが
以前は木材のものを使用していました
不要となった木製の枕木をガーデン用として
再利用するケースもあります
以前は線路で使われていたものが自分のお庭にあったら
なんだか、かっこいいですよね!

ちなみに値段なんですが
サイズや種類によって結構幅があります
安いものだと1,000円代からあるのですが
高いものになると5,000円は超えてきます
DIYで使用するのであれば、欲しいサイズによるとは思いますが、
1本2,000円を目安に予算を組んでみてはいかがでしょうか


枕木の注意点!
お庭をオシャレにしてくれる枕木ですが
注意しておかなければいけないことがあります!

木製の枕木を使用する場合には
「シロアリ」が住み着く可能性があります…
しかもシロアリは枕木の下
つまり、土に埋まっている部分で生活を行うので
発見することが難しいです
コンクリート製の枕木なら心配はないのですが
木製の枕木を検討されている方はシロアリの可能性を忘れないで欲しいです
なぜかというと、最悪の場合枕木から住宅にまで被害が
及んでしまうかもしれないからです
せっかく建てた家がシロアリの被害にあったら
悲しいどころの騒ぎではないですよね
なので、十分に注意しておいて損はないと思います

具体的な対策としてはシロアリの住み着いている
木材を処分し、殺虫剤で駆除することしかできません
防腐・防虫剤も半永久的に効果があるわけではないので
「防虫剤を塗っているから大丈夫!」などと安心しないようにしましょう

二つ目ですが
枕木を立てて使用する場合には
倒れないようにしっかりとした基礎作りが必要となります
重量もそれなりにあるので、もし人や車に倒れてしまったら
大きな被害になってしまいます
業者に頼むのではなく、自分自身で施工する場合は
しっかりとした方法を調べた後に取り掛かりましょう!



まとめ
枕木は非常にデザイン性に富んでいる為
「絶対お庭に取り入れたい!」と思っている方も多いのではないのでしょうか?
ですが、メンテナンスなどの手間もかかることを知っておかないと
様々な被害にあってしまうかもしれません…

もちろんちゃんとしたお手入れを行えば素敵なお庭に
なると思いますので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか!

コメント

コメントを書き込む