ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » エクステリアの流行

エクステリアの流行

皆さんこんにちは!堀江です!

皆さんはエクステリアデザインの流行について考えたことがあるでしょうか?
洋服や音楽などと同様にエクステリアにも流行が存在します
では、先に挙げた「洋服・音楽」と「エクステリア」の流行における大きな違いはなんでしょうか?
僕が考える大きな違いは
「流行が過ぎた時に買い替えることが出来るか、できないか」
です

洋服や音楽は流行に合わせて簡単に変えることが出来ます
しかし、エクステリアはそう簡単には変えることが出来ません
では、エクステリアに関しては流行に合わせない方が良いのか。と思う方がいるかもしれませんが
そんなことは無いと思います
流行になるくらいなので、万人受けする上に
見た人が、綺麗な庭だな。とか、センスがいいんだな。と思ってくれます

最近は、ウッド調の商品が多く出ているうえに
本物では?!と見間違うほどにクオリティーが高いです
そういったウッド調をベースにカフェ風なデザインにされることも多いです

個人的な意見として、このデザインは流行後も見栄えが良く
廃れることがほぼ無いデザインなのではないのでしょうか?

また、全体的なデザインとは違いますが
機能性門柱や宅配ボックス流行です
デザイン性、機能性に富んでいるためお客様好みの商品も多くあり
僕が外を歩いているときにも多くの家で使われているのを見るようになりました

では、次は皆さんも一緒に考えれるようなお話をしましょう


figure_question

今後、流行となるデザインは?

エクステリアの流行は激しい移り変わりでなく緩やかなものです
しかし、ちゃんと移り変わっています
では次はどのようなデザインが流行となるのでしょうか?
それを考える為には
今後の社会の移り変わりとエクステリアは結び付けて考える必要があると思います
現在、社会の傾向として冷笑主義(シニシズム)というものがあります
この主義は2008年以降広がってきたもので
以下のような特徴があります
・他人への無関心
・信頼関係の希薄化
・感動の希薄化
・リスクは取らない
・今さえ楽しければ
・贅沢の日常化
・冷めた視線

もしかしたらこの記事を見ている方の中にも当てはまるような人がいるのではないのでしょうか
この主義をベースとして流行を考えるとどのような点を意識するべきなのでしょうか?

贅沢の日常化

シニシズムの特徴である「贅沢の日常化」に焦点を当てて
考えていくことにします
エクステリアにおける贅沢とは一体なんなのでしょうか
「高い材料・商品を使用する?」「デザインに高級感がある?」
恐らく、このようなものでしょう

高い材料・商品を使用することが流行になるとは考えにくいです
理由としては、小物や洋服などとは違いブランド力の高さや違いが分かりにくいためです
エクステリアが身近な物であれば可能性はありますが
残念ながらそうではありません

では、デザインに高級感を持たせる。とはどの様なデザインになるのでしょうか?
石貼りやタイルを用いることや、ライトアップ照明を使っても良いかもしれませんね
また、植栽を多めに使うことで、空間に柔らかさを出すことが出来るようになるので
温かみを出すことが出来ます

さて、具体的にはどのような素材が高級感があるのでしょうか
まずは石貼り・タイルから紹介していきたいと思います!
kara-17n413p
商品名:レガーロ

天然石を再現したデジタルプリントを用いたタイルです。
28700_5
商品名:陶墨染

敷瓦をイメージした和調のタイルです。
2456_1_1
商品名:ジョイアストーン 外床タイプ

植栽等に馴染みやすい、質感の高いクォーツサイト調タイルです。


このような石調のタイルなら高級感を演出することができ
シンプルながらカッコよさを出すことが出来ます


次にライトなのですが
ライトは商品ではなく設置方法について紹介したいと思います

webapi
webapiede
webapidwd

ライトだけでなく、植栽と組み合わせることで
より一層高級感が出るうえ、綺麗な見た目になるのではないのでしょうか

また、ライトは演出だけではなく、
生活における利便性、防犯性もある為、設置するメリットはたくさんあります


まとめ
以上のように、エクステリアにも流行は存在しており
今後も移り変わってゆくでしょう
今後の流行に関しては僕の独断で考えたものなので実際に流行になるのかは分かりませんが
似たような感じになってくれたら嬉しいですよね
今回は社会の流れから流行を考えてみたのですが
他にも過去の出来事を参考に考えてみてもいいかもしれませんね

皆さんも流行を先取りしたお庭を考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントを書き込む